2008年08月04日

「おせん」第10話の着物

「おせん」いよいよ最終回です。
着物見るだけでもずいぶん楽しめました。

お話の方は「食の安全」「食文化の崩壊」という
かなり重いテーマだったので、
シリアスモードで進んで行きました。
最後は「それでも一升庵はつづく」といった感じでしたね。

鰹節工場のご夫婦とカツブシ王子を和解させるときの
水色に花と植物の絵柄の着物と黒い帯のコーディネートは
さわやかでとてもかわいらしく、
そして女将らしく白い半襟できりりとしめていました。

なにげなく部屋着で白と紺の横縞の浴衣と
レースの羽織を合わせているのも
普段着でこんな風に着たいなぁ、という感じです。
帯は黒い兵児帯でリボン結びでした。

久々に登場した由紀さおりさんの紫の着物も
大人の色気があっていいなぁと思いました。
竹の柄でしょうか?
そのシーンで蒼井優ちゃんが着ていた着物は
ベースが花柄でポイントに紫色の矢羽根模様が入っていて
「親子」な感じを出したのかな?と思いました。
深読みしすぎかも。
個人的には「おせん」の中でも印象的で好きなシーンです。

なんでもケチャップ味にしてしまう、
社長の息子を畑に案内したときに着ていた
赤の縦縞にクッキリとした青い百合の花の着物は
ダーク系の帯や帯締めを合わせて
全体的にしまったコーディネートになってましたね。
こういう派手で艶っぽい着物を着るときには
見習いたい技です。

この回で蒼井優ちゃんが着た着物でいちばん好きだったのは
白い地に青い花が咲いた訪問着のコーディネートです。
清々しくて清潔感があって、とても似合ってました。
青い鳥が飛び立つ絵柄の帯は、何か意味が隠されているよう。


一番最後のエンディング出来ていた
花が咲き乱れる着物はシーンが冬だったので、
首にストールを巻いていましたね。
こういうカジュアルダウンが
ドラマ「おせん」の着物の代表のように思いました。

またスペシャルなどで放送されるといいなぁ。
posted by おせん着物 at 16:53 | TrackBack(4) | おせんの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

「おせん」第9話の着物

おせんのストーリーはちょっと厳しい展開に。
鰹節をめぐって9話、10話の2話連続です。
いろいろと事件があり、ハラハラします。
おせんの気持ちも揺らぐことが多いので
そのシーンごとに着物でも
おせんの気持ちを読み取れるそうです。

鰹節で人を殴ってけがをさせたところでは
青い縦縞に赤い花が咲いた着物、そして帯にも赤い花。
赤は激情を表す色、といったところでしょうか。

よっちゃんに「おせんさんらしくない」と言われたシーンの
白地に黒い鳥の柄の着物は、
出口のない問いに対する心の迷いを表しているのかな。

鰹節を作っているご夫婦を迎えておもてなしするときは
盲動にもならないのかな?という状態なので
黒い紋の付いた着物には渦巻き模様があり、
ぐるぐると出口のない感じ、といった所でしょうか。
渦巻き模様にあわせてか、帯には鯉の絵が。
放送されたときには気がつかなかったけど、
小さなかんざしは「涙」をあらわしていたようです。

ところでこの黒い着物の時は
鰹節をかくためにスソを「えいっ」とまくるのですが、
鰹節職人のおとうさんが反応したように、
けっこうエロティックな演出でした。

カツブシ王子とお墓の前で話し合うシーンでは
濃い青の着物で鳥かごの絵柄が。
帯に鳥が飛んでいるというコーディネート。
着物の中には鳥は描かれていないようで、
帯と対になっているのですね。

10回目も波乱の展開なので、
着物も心情を映したものになるのでしょう。
そこら辺も楽しみです。
posted by おせん着物 at 10:52 | TrackBack(0) | おせんの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

「おせん」第8話の着物

おせんの着物はどんどん、夏らしい感じに。
昔ながらの決まりに縛られることなく、
それでも季節感を大事にするコーディネートが多いと感じました。

青い地に白いぐるぐる渦巻きの柄の着物は
絽(夏用の素材)のようです。
その時は負っていたのは、単衣の黒い羽織。
金糸が織り込まれているもので居内商店のもの。

他の着物も青系が多かった印象です。
波の模様に白い花が咲いたような着物と、
ぶどうの柄のピンク色の帯を合わせてありました。
とても蒼井優ちゃんに似合う少女っぽい雰囲気ですね。

帯の結び方も「お太鼓」だけでなく
リボン結びにしてあったり、
普段着は半襟なしで、スッキリ着ていたりと
遊びつつも、雰囲気がでている着こなしが多かったと思います。

ピンク系の訪問着は季節感が少しずれているかも?と思いましたが、
素材が絽だそうで、これも夏の着物でした。
大きな百合がある帯のコーディネートが素敵でした。

黒い着物は紗という素材で、下の柄が透けて見えるが特徴。
これも涼しさを演出する文化なのだそうです。
この時は白地に赤い花の襦袢で、半襟が黒に花柄。
シックなようで実は可愛さのあるコーディネートだったわけです。

この頃になると衣装替えも
番組の見所になってきたようで、
最初の方より着替えが多くなっていた気がします。
posted by おせん着物 at 13:49 | TrackBack(0) | おせんの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。