2008年06月23日

「おせん」第2話の着物

この回は味噌造りのお話で、
豆を買いに行ったり、踏んでつぶしたりという作業があるところは
労働着という感じの着物が登場しました。
もんぺとか最近の若いひとは知らないでしょ?とおもいました。

季節は寒い頃ですから、着物も当然冬物ですね。
今回も居内商店さん(http://gofukuyasan.com/)の着物が
たくさん登場していますね。
豆を買いに行くときに着ていた緑のチェックのもんぺ、羽織。
味噌造りの時のサイコロ柄のきものとか…。

働くときは当然たすきがけになるんですが、
そのたすきの色もけっこうカワイイなぁと思いました。
うすいペパーミントグリーンだったり、
由紀さおりさんは青い着物に藤色のたすきだったり。

そういえば、若い仲居さん達の割烹着も
色とりどりで女の子っぽくて可愛かったとおもいます。
仲居さんのお仕着せはみんな黄色っぽいおそろいなので
こういうところで個性を出したのかもしれませんね。

蒼井優ちゃんはたすきと前掛けでしたが。
前掛けも割烹着と違ったかわいさがありました。
前掛けは帯の真ん中辺りで結ぶものなのだと知りました。
普段着での着物は当然家事もやるのでしょうが、
まだそのレベルではない自分には勉強になりました。

いつも由紀さおりさんの着物も品がありますが、
今回のお仕事着(女将としての着物)であるサンドベージュの着物も
とても品があって蒼井優ちゃんに似合ってましたね。
半襟も白できりっとして清楚で美しい姿が見られました。

ラベル:着物 おせん
posted by おせん着物 at 15:24| おせんの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

おせんのスタイリスト

おせんの着物をスタイリングしているのは
大森仔佑子さんという人のようです。
大森仔佑子さんは以前、少女雑誌の「オリーブ」で活躍された方です。
女の子チックな印象で1980年代にはやったという
「リセ・スタイル」を提案し、活躍されたようです。
大森スタイルはその頃の少女たちの心をつかみ
一世を風靡しみんな競ってまねしていたそうです。
こういうことだけだと何故きもののスタイリングをされているか不思議です。

「KIMONO姫 8はじめましてユカタ編 」という本では
蒼井優ちゃんが浴衣で表紙と巻頭を飾っています。
この本でも「おせん」のスタイリスト大森仔佑子さんが
スタイリングを担当していますね。
浴衣に半襟を合わせて夏着物スタイルになってました。
もともとスタイリストとしての感性が優れているので
和風=着物のコーディネートもかわいく、
素敵な感じに仕上げることができるんですね。

「おせん」の着物は通販で買えるものもあります。
居内商店のおせん特設ページでみると
ドラマに出てきた着物がたくさん見られます。
(居内商店 http://gofukuyasan.com/osen.html
またキモノスイッチさんの「バンビ」の浴衣は
「KIMONO姫 8はじめましてユカタ編 」にも載ってました。
(キモノスイッチ http://www.kimonoswitch.com/

「おせん」風コーディネートをはじめるなら
このあたりの着物、帯を揃えて見るとイイかも??
posted by おせん着物 at 13:01| Comment(8) | おせんの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

「おせん」第1話の着物について

「おせん」で蒼井優ちゃんがきている着物は
あわりと原色とか、色の組み合わせがはっきりしたものが多いですね。

ドラマの中では、普段着とよそ行きと
一升庵のお店で着る着物のパターンがあるようです。
普段着はキュート&リラックス系が多くて
首もとにマフラーやショールなどを合わせています。

お店で着る着物は付下げとかで色味がシックなのもが多いです。
それでも地味ではなくて、わりとはっきりとした着物が多いですね。
蒼井優ちゃんのイメージがかわいらしいので
お店の着物を着るときは顔にチカrが入っているように感じます。

第1話ではよそ行きに着ていた
赤×黒×ベージュの縦のよろけ縞(?)っぽい鋳物が印象的でした。
着物は「大江戸和子」さん、帯は「豆千代モダン」さんだそうです。
外に出るときの羽織と肩にかけていたショールは
着物の中の1色のベージュと合わせてあるのではないでしょうか?
この辺は着物コーディネートの基本ですよね。
自分で着るときも真似できるテクニックだと思います。

さて、ドラマの第1話ではよっちゃん(内博貴)が
一升庵に就職するくだりです。
片桐はいり演じる桜井三千子との料理対決が描かれていました。
料理研究家の片桐はいりの快演が光ってました。

料理も美味しそうで、「ソースカツ丼」と「エビ天茶漬け」。
どちらもオフィシャルHPに作り方が載ってます。
家にある材料でもけっこう簡単に作れますし、美味しかったですよ。
材料にこだわれば、もっと美味しいと思います。

遅ればせですが、順番に「おせん」の感想書いていこうと思います。
posted by おせん着物 at 15:10 | TrackBack(0) | おせんの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。